『成績アップ』を含むコンテンツ

家庭教師や学習塾の有用性

中学生が勉強での成績アップをはかるために、
家庭教師や学習塾は非常によく利用される一般的な方法ですが、

ほとんどの中学生にとって、勉強法としては弊害のほうが大きいと思います。

既に勉強での成績が非常に良い中学生が、
学校では教えてくれないようなハイレベルの指導を求めて、
それで学習塾や家庭教師を利用する場合は、ひとつの方法として良いと思います。

ですが、学年順位で言えば、上位10%の中学生以外の生徒にとっては、
つまり、90%の中学生にとっては家庭教師や学習塾は、かえって害をもたらします。


勉強は、自分自身で自主的に家庭において自学自習するのが正しい方法です。


それをせずして家庭教師や学習塾に頼るということは、
勉強において、人(この場合は家庭教師や塾の講師)に依存することに他なりません。

このような依存心は、自主性の育成を阻害するだけでなく、
将来的に、依存心の強い人を育成してしまいかねません。

ハッキリ言いまして、高校に入ってから大学受験を目指すならば、
既に学習塾や家庭教師に依存していては大学合格は無理と言えるでしょう。

大学受験は、それほど甘くありません。

高校での勉強も学習塾や家庭教師の位置づけは中学生と同じです。
まして、大人になれば、学習塾や家庭教師に代わる存在はありません。

つまり、自分で何も出来ない人になってしまいかねないのです。
そのような人材は、一般社会では有能と判断されません。

そして、そのような依存心の強い人間を育成してしまうきっかけになりかねないのが、
中学生向けの学習塾や家庭教師なのです。

学習塾や家庭教師を利用して、なまじの成績アップが出来たとしても、
依存心が芽生えてしまったとしたら、大局的に見れば失敗と言えるでしょう。

勉強は自分自身で頑張るものです。その点を間違いのないようにして下さい。

学力が向上する勉強法

中学生の勉強法(勉強方法)は、冒頭で述べたように、
現時点での自分の学力や成績に合ったものであることが第一の条件ですが、
もう1点、正しい勉強法として重要なポイントがあります。


それは、必要な学力が向上するような勉強法を行なうということです。


勉強法というと、その目的は成績アップと考えがちですが、
それは、概ね正しいものの、実は若干の間違いがあるのです。

正しい勉強法を実行して勉強して、学力が向上し、その結果として成績アップするなら、
そのような勉強法は良いと言えるのですが、問題は、


成績アップだけを目的とした勉強法では、
仮に成績アップしても学力が向上しないこともあるということです。


すなわち、学力の向上は成績アップに繋がるのですが、逆は必ずしも真ならずで、
成績アップが必ずしも学力向上を意味するとは限らないのです。

従って、中学生は、(高校生以上もなのですが、特に中学生は)
勉強することで必要な学力が向上するような勉強法を実行せねばなりません。

勉強をすることの意味は、勉強をすることで必要な学力が向上し、
その学力が社会に出てからの力になるからです。


ですから、国語で言えば読解力や理解力、数学なら数学的思考力や計算力など、
様々な能力が勉強することで磨かれます。それが教育の重要性なのですが、

裏技のような正しくない勉強法では、必要な学力を向上させなくても、
成績アップだけは出来てしまいますし、そのような勉強法が世に多く横行しています。
(特に勉強が苦手な人に向けた勉強法では多いです)

そのような邪道とも言える勉強法では、一時的に多少の成績アップは望めますが、
必ず限界が来てしまいますし、得られた成績アップは社会に出てから活きません。


どのような勉強の仕方をするにしても、必ず必要な学力が確実に向上するような、
そんな勉強法を実行して、学力を向上させて、その結果としての成績アップを狙うこと。

これが、中学生の正しい勉強法です。

中学生の勉強のコツの真の意味とは?!

勉強のコツとは、一般的には裏技的に成績アップをさせる方法であったり、
小手先のテクニックを使って、成績アップをはかる方法だと思われています。


しかし、真の勉強のコツとは、勉強の効率を良くするための手法のことです。


つまり、正しい勉強方法(勉強法)を実行した上で、
その成果をより速く出すために効率を極限まで良くする術が勉強のコツなのです。

特に中学生にとっては、高校受験が視野に入っていますから、
成績アップをするにしても、時間的にタイムリミットがどうしてもあります。


そのような状況の中では、効率を良くすることは必須です。


しかし、間違って欲しくないのは、一言に「効率を良くする」と言っても、
成績が良い中学生にとっての効率と、成績が良くない中学生にとっての効率は、
まったく別のものになるということです。

成績の良い中学生は、難問をも解くことが出来るように、
高いレベルでの勉強を習得するための効率を追求しますが、


成績が良くない中学生にとっては、その原因を取り除くための効率を追求すべき!


つまり、まずは苦手意識をなくしたり、苦手分野をなくしたりするために、
効率よく苦手なことや、習得出来ていない部分を克服することが必要であって、


そのための手段が、成績が良くない中学生にとっての勉強のコツなのです。


その点を間違うと、成績の良い生徒と同じ勉強法を実行してしまいますし、
成績が良い生徒が追求すべき効率の良さを追及してしまいますので、

逆にかえって効率が悪い勉強のコツとなってしまいます。

この点は、決して間違ってはなりません。くれぐれもお間違いなく!

運営者情報

このサイトの運営者は、中学生時代に、(そして、高校でも)
偏差値50未満から、わずか数ヶ月で偏差値60以上へと成績アップしました。


つまり、成績アップを望む中学生やその保護者の方にとって、
最も知りたい勉強法やコツを身をもって実践して成果を出した者のひとりです。


そして、私のような成果を出した人は、日本中でもそれほどいないと思います。


ほぼ全ての学習塾の講師や家庭教師は、はじめから成績が良かった人たちです。
学校の教師もほぼ全員が、成績の悪かった時期を経験していないでしょう。

だからこそ、成績が偏差値50未満(学年順位で言えば真ん中より後ろ)の生徒が、
急速に成績アップするような勉強方法や勉強のコツなど知る由もありません。

日本中の中学生にとって、圧倒的多数の方々が知りたい勉強法と勉強のコツは、
成績が悪くても、飛躍的に成績アップが可能な勉強法とコツのはずです。


東大生の中学時代の勉強法や、偏差値55以上の方々が成績アップした方法は、
一部の中学生にしか役立たないのではないでしょうか。

あなたの望みが偏差値60以上である必要はありません。
ですが、偏差値が50未満であっても短期間で60以上に出来る勉強方法とコツは、
きっと、全ての中学生の方々の80%以上に役立つものであると思います。

より多くの中学生とその保護者の方に、このサイトで役立つ情報を提供します。